法律うえでの一般的な相続事由としましては単純承認があげられるが、その他の相続にあり方も存在する。

基本的な法律知識を身につけよう

基本的な法律知識を身につけよう

相続における法律が定める単純承認

法律で定められるところの相続は、民法が規定しいるように単純承認、限定承認、相続放棄の方法が認められております、これらの行為を相続の開始前、つまり三兆候説にもとづき、人が死亡したとき以前においては相続放棄などの申し立てを家庭裁判所に対して申し立てることができませ。

上述の相続放棄が相続の開始前においてはすることができるが、これと比較すべき点はい遺留分放棄は相続の発生以前においても可能出るということです。遺留分とは兄弟姉妹を除いた相続に、たとえ遺言で記述されていただとしても、これにより保護される一定の権利の認められたものです。このような条文が民法が規定するのには二つの理由があります。

まず、第一の理由としては相続人の相続期待権利を保護する必要があるのと、たとえ自分の配偶者が自分を扶養していた場合に、その配偶者がすべての財産を他人に与えてしまう(遺贈)ときに遺された配偶者が路頭に迷う結果となる可能性があり、それを防止するためにあります。このようにして、被相続人の保護だけでなく、兄弟姉妹を守るために法律は保護規定をおいているのです。たとえ遺言書が見つかって、その遺言書を検認した結果、自己に相続がなされない場合でもあきらめる必要はなく、遺留分が自己にあるか否かに注意しましょう。場合によってはこの遺留分射止められる場合があるので、精査が必要です。

サイトリンク

Copyright (C)2017基本的な法律知識を身につけよう.All rights reserved.