相続に関する法律の1つに民法がありますが、その民法の中でも遺留分という規定についての説明をします。

基本的な法律知識を身につけよう

基本的な法律知識を身につけよう

相続に関する法律には何があるのか

相続に関する法律としてもっともポピュラーなものは民法です。民法には相続に関して争いが起こった際の適用法律が定められています。ただし、あくまで争いごとが起こった場合の適用法律であり、遺言や相続人の間で話し合いで円満に相続財産の按分が決定するのであれば、必ずしも民法に定める割合を用いて相続財産の按分をする必要はありません。各人が取り分に不満を持ち、円滑に相続財産の按分ができないときは民法に定める法定相続人や法定相続分に応じて各人の取得額が決まることになります。

争いごとを避けるために被相続人が遺言をのこしておくケースも近年増えています。しかしここで注意したいことがあります。仮に2人の子のうち1人により多くの財産を残したいという遺志で遺言を残しても場合によってはその遺志が認められないこともあります。これは民法で遺留分というものが定められており、1人がもう1人の遺留分を侵害するだけの財産を取得するということになると、侵害された方の訴えにより、財産の一部を受け渡す必要があるためです。遺留分というのは法定相続人が最低限の財産を受けることができる権利といえるものです。被相続人の遺志を大切にしつつ、相続人の権利を守るためには専門家のアドバイスを受けながら適正な書面作成が必要になります。

サイトリンク

Copyright (C)2017基本的な法律知識を身につけよう.All rights reserved.