相続は個人が勝手に分けることはできません。法律にのっとり、相続人が正しく財産分与をしなければなりません。

基本的な法律知識を身につけよう

基本的な法律知識を身につけよう

相続する際の厄介な法律

親族がなくなることはとても悲しいことです。ですが、悲しみに浸る余裕もなく、様々なやるべきことが出てくるのです。お通夜にお葬式、お墓のことなどすぐに決めなければならないこともたくさんあります。そして厄介なのが相続の問題です。人は大抵財産を持っています。ただ亡くなってしまうと自動的に誰かに譲られるわけではなく、法律によりいったん取引がストップします。たとえば預貯金や保険金などです。そして相続する権利のある人全員が納得した上で手続きを踏み、財産が分与されます。この時にさらに厄介なのは相続する時に税金がかかるということです。ある一定の金額までは今は免税されますが、遺産が多くなればなるほどたくさん税金がかかります。まだ現金であれば税金で取られてもあまり問題はありませんが、家や土地となるとかなり大変なことになります。

家や土地の相続にも税金がかかりますし、こちらも財産分与の対象になります。ですが、家や土地を分割するわけにはいきません。結局誰か一人が相続することになるわけですが、その分、他の相続人に対し、土地や家で分与されるはずだった相当額を払わねばなりませんし、また税金も払わねばなりません。そのため、土地や家を相続してしまうと大変な額を払わなければならないケースがあります。

サイトリンク

Copyright (C)2017基本的な法律知識を身につけよう.All rights reserved.