相続は昔は家督相続で、今は法定相続となり法律で子供や配偶者は平等に相続する権利を持つが揉めることが多い。

基本的な法律知識を身につけよう

基本的な法律知識を身につけよう

相続は法律で決められた通りには進まないことが多い。

相続は戦前は家督相続といって主に長男が相続をする権利を持っていましたが、戦後は家督相続は廃止され、子や配偶者ならば平等に相続できる法定相続が法律で定められました。ですが、法律でいくら平等と定められていても、特にお年寄りにはまだまだ家督相続の意識があり、法定相続がスムーズにいかないケースも多いようです。

また、例えば法律で子供たちは平等といっても、例えば親の世話をしてきたの子供と家を出て何もしなかった子供が同じ相続分というのは感情的に割り切れない場合もありますし、子供のいない夫婦の場合は夫婦で築いてきた財産なのに、夫がなくなった場合、配偶者に全ての相続の権利がいくのではなく、夫の親や場合や親がいない場合には夫の兄弟にも相続の権利が発生するため、この場合ももめることが多いようです。

ですので、相続は法律でいくら決められているからといっても、その通りにいかないことが殆どで、そのために遺産分割協議は訴訟にまで発展するケースが年々増えてきており、更に相続税がかからない場合の方が実は揉めることが多いというのが最近の実情だそうです。そうならないためには、生きているうちに相続対策をしておくことが大事で、遺言を残す、生命保険を活用するといった方法が有効のようです。

サイトリンク

Copyright (C)2017基本的な法律知識を身につけよう.All rights reserved.