相続の問題は親や親戚の誰かが亡くなった時によく聞く話ですよね。自分の知っている範囲での相続の法律について。

基本的な法律知識を身につけよう

基本的な法律知識を身につけよう

相続に関して決まっている法律。

法律で決まっている相続についてですが、まずおじいさんが亡くなった場合、遺産相続はその配偶者、つまりおばあさんと子供に対して相続されます。この場合他の方はどうかわかりませんが、子供さんは辞退されて、おばあちゃんが相続するというパターンが概ね考えられるやり方かもしれません。

この時おばあさんが亡くなった場合子供、兄弟がいれば兄弟と分けるという形になりますがいざこざを起こしたくない場合は速やかに弁護士さんか行政書士さんに相談して正式に分けてもらうというのも一つの手段だそうです。相続に関しては後々揉めることなく、公平に互いに納得できるようにするのが後々好ましいようです。それにはやはり法律に詳しい方が近くにいるといいですよね。しかし兄弟だけでなく孫なども場合によっては亡くなられた方の遺書などがありましたら相続できるのは時々ドラマなどでよく見ますよね。遺言などに関しては行政書士の方に見せるのがよいそうです。確かに親戚が亡くなった時に行政書士さんの名前がよく上がっていました。相続の流れとしてはまず亡くなった方の財産すべてを把握しないとなりません。預金だけでなく株券、不動産、自動車その人名義の持ち物すべてです。

サイトリンク

Copyright (C)2017基本的な法律知識を身につけよう.All rights reserved.